商品名コーヒーにミルクを入れるような愛

価格
税込 1,705
(税抜¥1,550

商品番号 b_yom203

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
黙る代わりに、書く。
かたちに残すってことがいったいどういうことなのか、
考えていたらほうれん草を茹ですぎた。
(「あとがき」より)

短歌、エッセイ、小説、童話などさまざまな分野で活躍の場を広げる作家・くどうれいんさんによる新たなエッセイ集。こちらは月刊文芸雑誌『群像』(講談社刊)で連載していたエッセイ「日日是目分量」を書籍化したもの。
ふたり暮らし。マンションの最上階から見る夜景。コーヒー牛乳と結婚。氷嚢を頭に載せた盛れ写真を見せてくれる友人。へそを出してきた友人。好きになれない自分の手。「くどうれいん」として書き続けてきた15年間。ささやかな日常に笑い、喜び、ときに沈みながらも愛でていく。たよりない一日の傍にある親身なきらめき。気持ちいい風が吹く日、台所で思わずしてしまう小躍りのようなエピソードの数々をおさめます。※サイン本は完売いたしました(韓)
ラッピングOK
商品情報
著者くどうれいん
出版講談社
サイズ四六判
その他208P / ソフトカバー

関連商品

880 くどうれいん

わたしを空腹にしないほうがいい 改訂版

わたしを空腹にしないほうがいい 改訂版

1,000円(税抜909円)

うたうおばけ

うたうおばけ

682円(税抜620円)

桃を煮るひと

桃を煮るひと

1,760円(税抜1,600円)