商品名山只華陶苑 すり鉢 Chai

価格
税込 5,500
(税抜¥5,000

商品番号 g_tab_kit0363

  • 注文数量 
  • +
    -
種類
お買い物かごに入れる お気に入り
岐阜県多治見の窯元「山只華陶苑」7代目・加藤智也さんと、素描料理家・宮本しばにさんが共同で製作したオリジナルのすり鉢。台所に置き場があり、軽く使い勝手が良かったらもっとすり鉢は活躍できるはずだとの思いがあったしばにさんが、加藤さんの作品であるカフェオレボウルを手に取ったことが始まりです。手で包み込むようにして持つカフェオレボウルは、安定して持てるよう高台に指をかけるための窪みがありますが、このすり鉢も同じようにあります。大きすぎず、小さすぎず、程よい重みと安定感で、潰す、叩く、擂るという作業が快適に。食材の変化を五感で感じながらの料理時間を心地よいものにしてくれます。相棒のような台所道具として、また、ボウル、器としてそのまま食卓にならべても。Chaiという名前は、しばにさんがホールスパイスをすってインドチャイを最初に作ったことから名付けたとのことです。

このすり鉢の最も特徴的なのは「波紋櫛目」という櫛目。約9年を費やし完成させたという美しいこのすり目は、擦る時間を短縮させるため摩擦熱が少なく、食材の香りを高く引き立たせる効果があります。胡麻をすったときの香りは驚くほど。また利き手関係なく、どちらに回してもすることができます。多治見市高田区の元々ガラス質が含まれている土は大小の粒子が混在し、焼き上げると独特のざらつき生まれます。それによりすり目がより堅牢になり、擂りやすく掃除もしやすくなるのも特徴です。色は藁を灰にしたものと釉薬を混ぜたもので付けられており、藁と釉薬が火を入れることで還元し、ひとつひとつ微妙に違う色になります。自然現象が生み出す味わいの一つとしてご理解ください。

《お買い上げいただく前に》
・内側すり目の色は個体よりすべて違います。また、使用していくと色が変わることがあります。
・個体により内側のすり目に塗られた釉薬が白っぽくなっています。品質には全く問題ありません。すり具合は変わりませんのでご安心ください。
・内側の黒い斑点は土に含まれている鉄分が高温で還元焼成することによって現れる現象です。山の土をそのまま使ってできる特長ですので、ご理解くださいませ。
ラッピングOK
商品情報
サイズ直径175mm / 高さ85mm / 容量500ml(すり目の部分まで)
材質陶器
製造岐阜県多治見市

関連商品

594 すり鉢

野菜たっぷり すり鉢料理

野菜たっぷり すり鉢料理

1,760円(税抜1,600円)

山椒すりこぎ

山椒すりこぎ

770円(税抜700円)

台所にこの道具

台所にこの道具

1,760円(税抜1,600円)