いぬのせなか座

“いぬのせなか座”

言語表現を基軸に置き、絵画、映画、踊り、写真、デザインなどをそこへ流し込むことで、私が私であること、あるいは私の死後に向けた教育の可能性を、なるべく日常的に考えつづけていくために立ちあげられた集団「いぬのせなか座」。山本浩貴+h、鈴木一平、なまけ、笠井康平をメンバーとし、共同誌「いぬのせなか座」の刊行、シリーズ「いぬのせなか座叢書」の刊行、演劇・パフォーマンスの制作など多岐にわたる制作活動を展開しています。国内の言語表現の一翼を担う集団となりつつある彼らの共同制作と思考、その実践と軌跡をぜひご覧ください。

いぬのせなか座 の商品数:全 10
並べ替え:新着順 / 価格順 / 商品名順 / おすすめ順