商品名香りの扉、草の椅子 ハーブショップの四季と暮らし

価格
税込 1,760
(税抜¥1,600

商品番号 b_se287

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
"
人生はつづれ織りのよう。命の縦糸に色とりどりの横糸を入れて、その人の物語が織られてゆきます。
私の横糸は草と香りになりました。その風合いは柔らかく、良い匂いがして、私を静かに包みます。
季節の中で生まれた、細く美しいひと糸ひと糸をご案内したいと思います。
"

八ヶ岳の麓、森の小径の先にある小さな薬草店「蓼科ハーバルノート・シンプルズ」。冬から、春、夏、秋へ巡る季節とともに、ハーバリストの店主・萩尾エリ子さんが紡ぐエッセイ集。少女時代の記憶から、蓼科との出会い、お店での日々。背中を押してくれた本や庭、子どものこと、病院でのボランティア、人との出会いと別れ、旅の日々など、季節と歩んできた思い出を柔らかな筆致で紡いでゆきます。努力や苦労、人生に起こるさまざまな出来事、そのすべてを穏やかな視線で慈しみ、包み込み、読む者の心にそっと寄り添うように語りかける文章からは、しなやかな志で時を重ねてきた著者の温かい人柄が垣間見れるかのようです。

エッセイのほか、ハーブや精油を使ったレシピ、暮らしの中で役立てるための手立てや知恵も織り込みつつ、分類や特性も記載されているため、植物の癒やしの力を暮らしに役立てる入門書としても、すでにハーブやアロマテラピーを学んでいる方の指南書としてもおすすめの一冊。信州・蓼科の一年を追った美しい写真も見どころです。(岡本)
ラッピングOK
商品情報
著者萩尾エリ子
発行扶桑社
サイズ210mm × 150mm
その他171p / ソフトカバー

関連商品

本屋の特集一覧