商品を探す
商品名ジャック・リゴー遺稿集 ー『自殺総代理店』他

価格
税込 2,750
(税抜¥2,500

商品番号 b_gal202

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り

できるなら、ボタン穴に自殺を挿して旅している男を止めてみたまえ。
ージャック・リゴー

リゴーのエクリチュールは、百年前に生きていた一人の男の偽らざる魂の真実として、
人間の生存意義に関わる、孤独の道程の稀有なドキュメントである。

ー訳者解説(松本完治)


20歳の頃から自殺を標榜し、30歳で銃弾を胸に打ち込んで自らの人生に《予定された》終止符を打ったダダイスト、ジャック・リゴー(1898-1929)。2007年にエディション・イレーヌから刊行され、品切れ状態だった『自殺総代理店』が、このたび装いを新たに増補再販されました。本書は、リゴーのほとんどの未訳テクスト、特に膨大なアフォリズムを訳出、加えて、生前のリゴーを知る6人の貴重な証言、詳細な年譜、関連写真29点を収載した本邦初の決定版。ルイ・マルの映画『鬼火』の主人公のモデルとなったジャック・リゴーの知られざる全貌に迫る興味深い一冊です。造本設計は、佐野裕哉。
ラッピングOK
商品情報
著者ジャック・リゴー
訳者松本完治 亀井薫
発行エディション・イレーヌ
造本設計佐野裕哉
サイズ130mm x 187mm
その他224p / ソフトカバー

関連商品

本屋の特集一覧