商品を探す
商品名斉藤倫 / さいごのゆうれい

価格
税込 1,870
(税抜¥1,700

商品番号 b_pic332

  • 注文数量 
  • +
    -
品切れ中 お気に入り

再入荷のお知らせをメールで受け取る

小説の形をとりながら、名詩を紹介した『ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集』や、数多くの絵本で文章を書き、子どもが当たり前に持っている、大人が忘れてしまった素朴で豊かな感性を言葉にする、詩人・斉藤倫さん。三年ぶりの書き下ろし長篇が、福音館書店から届きました。

- - - - - - - - - - - - - - -
だれもが、できたてのパンみたいに、ふわふわして、しあわせだった。
一生、かたくならない魔法がかかってる、って、信じてるみたいに。
- - - - - - - - - - - - - - -

「かけがえない」小学五年生の夏。
田舎のおばあちゃんの家に預けられた男の子。新しく空港ができた街で、お盆に、少年はひとりのちいさなゆうれいに出会う。「自分が、ゆうれいのさいごのひとりかもしれない」。ゆうれいを救い、世界を取り戻すために、ゆうれいと過ごした四日間を描いた、爽やかな、夏休みの物語です。添えられる絵は、漫画家の西村ツチカさん。場面ごとに挿しこまれた絵が、作品世界を大いに彩ります。装丁は、名久井直子さん。

ラッピングOK
商品情報
著者斉藤倫
西村ツチカ
発行福音館書店
サイズ140mm × 200mm
その他304p / ハードカバー

関連商品

本屋の特集一覧