商品を探す
商品名ふざけながらバイトやめる学港

価格
税込 1,100
(税抜¥1,000

商品番号 b_oth118

  • 注文数量 
  • +
    -
品切れ中 お気に入り

再入荷のお知らせをメールで受け取る

鳥取・松崎町、唯一の本屋。
東郷湖を望む、「汽水空港」から生まれた一冊目の本。

木こりと建設現場のアルバイトを掛け持って本屋を営む店主、モリテツヤさんが愛読しているという二冊の本の著者、山下陽光さんとワクサカソウヘイさんを招いたトークイベントの内容を収録。 お金が無いと豊かに暮らせないのか。そもそもお金を稼ぐとはどういうことなのか。自立して生きるには。「バイトやめる学校」を全国で展開する山下さんと、著作『ふざける力』で「ふざけ」「遊ぶ」ことを書いたワクサカさん。ふたりの対談にモリさんも加わりながら、具体的に自立への道を考える。熱を帯びた鳥取の一夜が文面から伝わります。真っ当かつ、アナーキーなコミュニティ「汽水空港」らしい一冊です。

「汽水空港」とは。
「空港」という名前ですが「本屋」。現金や国、この世界で私たちを縛るものから自由を取り戻すためには何から始めたら良いのか?店のプレハブや棚をDIYし、「ターミナル」という名前で畑の公園をつくる。ラブ&ピースに真正面から取り組む、注目のコミュニティです。雑誌『MOMENT』第2号では、店主・モリテツヤさんのインタビューが収録されています。
ラッピングOK
商品情報
著者山下陽光 ワクサカソウヘイ モリテツヤ
発行汽水空港
サイズ122mm × 182mm
その他94p

関連商品

本屋の特集一覧