商品名【ご予約】北村妙子 耐熱ポット(クリア)

価格
税込 14,040
(税抜¥13,000

商品番号 g_tab_tea028

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
2018年7月末までのご注文分は、2018年8月末に納品予定のご予約商品です。
バーナーワークブロー技法で、実験用具にも使われているパイレックスガラスを変形させて作られているポットです。なんと直火にもかけられ、お茶を煮たてる時には葉が開く様子が見られます。このポットは珈琲豆をお湯で落しやすいように、根元から伸びた口先が注ぎやすい形になっています。底に刻まれた「妙」の文字も可愛いです。持ち手もすべてガラスでできておりますので、熱した後は取っ手掴みを用いて火傷をしないようにご注意ください。また、注ぎ口のガラスが白くなる事がございますが、制作過程でどうしても出来てしまうものです。不良品でございません。一つ一つが手で作られておりますので、若干サイズや注ぎ口などの形が異なります。ご了承の上お申し込み下さい。材料費の値上がりにより、若干販売価格が値上がりしました。また、以前持ち手は二本手でしたが、一本手にデザインを変更しました。

こちらの商品は予約商品のため、発送までにお時間をいただきます。ご予約品についての着日指定は承れませんのでご了承ください。
他のご予約でない商品を同時にご注文される場合でご予約品以外の先発送をご希望の方は、ご予約商品と分けてご注文くださいますようお願いいたします。現在取扱中の商品をご一緒にお求めいただいた場合、発送はすべてご予約商品の入荷後となりますのでご了承くださいませ。尚、お支払い方法で「クレジットカード決済」をご選択いただいた場合は、ご注文確定時に先払いにて決済手続きをさせていただきます。予めご了承ください。

商品情報

90mm × 200mm / 820cc / パイレックスガラス

ラッピングOK
※こちらは同シリーズの耐熱ピッチャー(クリア・台形)です。

酸素バーナーを使った吹きガラスの技法は、日本ではまだまだマイナーなのだとか。北村さんの作品は、耐熱ガラスを使っているので、直火にもかけれるのが何より嬉しいところです。ステンレスのやかんやアルミ鍋に比べると、すっきり涼しげな印象。
遮るものがないので、中をのぞけばコンロの火が見え、ぼこぼこと水が沸き立つまでの様子がクリアにわかるのは新鮮です。音だけでなく、目で見て確実に沸騰しているかどうかを確かめることが出来ます。 また、持つと予想以上に軽く感じるのも特徴のひとつです。壊れやすいのではと不安に思うかもしれませんが、従来のガラスより丈夫ですので、どんどん毎日使ってください。

作家紹介

作家イメージ
北村妙子

バーナーワークブロー技法で、理化学の実験用具にも使われているパイレックスガラスを変形させて作られているガラス作品です。直火にもかけられ、お茶を煮たてたり、簡単に出汁を取ったりと、使い道もいろいろな便利な台所道具から、色鮮やかなグラスやポットなど幅広く制作しています。

作家ページはこちら

関連商品