商品を探す
商品名ぼく自身のノオト

価格
税込 1,760
(税抜¥1,600

商品番号 b_oth135

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
“ぼくはわかっている、ぼくの人生をよぎるこの不安とは、
「こうあるべき」自分と、ありのままの自分との戦いなんだ。”


1970年に書かれた世界的名著「NOTES TO MYSELF」。
著者のヒュー・プレイサーは、32歳の頃、この本を書いた。学校のカウンセラーをしていた彼は、当時、まったくの無名。肩書きも曖昧な状態。しかし、彼の内省的な文章、展開される普遍的な思索は、時代を超えて多くの読者に届きました。この本は、1979年に人文書院から刊行された邦訳版の新装復刊にあたります。

日記から抜粋された言葉は、繰り返し、「ぼく」自身へ問いかけます。
ありのままでいるとはどういうことなのか。仕事とは、愛とは、友情とは。そして、自分とは何なのか。彼がひとり筆をとった60年代から、ずいぶんと時間は流れましたが、いまなお読み継がれるにふさわしい作品である事実に間違いはないでしょう。当時のアメリカにもあらゆる葛藤と混乱があったはずです。そして、いままさに多くのひとがアイデンティティの揺らぎを体験している。自分を見つめ直し、「生きること」を追求する一冊。

人文書院版とおなじく、きたやまおさむ訳。(精神分析家、作詞家。大学在学中にザ・フォーク・クルセダーズ結成に参加。)新装版の装画は、中田いくみさんです。
ラッピングOK
商品情報
著者ヒュー・プレイサー
きたやまおさむ
発行創元社
サイズ135mm × 195mm
その他224p/ハードカバー

関連商品

本屋の特集一覧