商品を探す
商品名王国 Domains

価格
税込 12,100
(税抜¥11,000

商品番号 b_vis_pho271

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
日本を代表する写真家・奈良原一高(1931-2020)が1958年に発表した初期代表作『王国』。1896年に創立された北海道・当別のトラピスト男子修道院を取材した「沈黙の園」と、和歌山市の婦人刑務所を舞台とした「壁の中」という、それぞれ外部と隔絶された二つの空間に生きる人間存在を深く見つめた作品集『王国』は、長く絶版の状態が続き入手困難でしたが、2019年、未発表の作品を多数収録し、本書『王国 Domains』として新装刊行されました。巻末には、奈良原一高研究者としても活躍する島根県立美術館主席学芸員・蔦谷典子氏による解説を収録。ブックデザインは佐野裕哉氏。幻の名作が新たなかたちで蘇った待望の一冊です。

異なった2つの「場」に生きる人間の姿を同時に見つめることは、そこに浮かんで来る現代の状況と心層の響きに耳を傾けることでもあった。 〜中略〜 自らの必然によって求めた祈りの生活と法律によって強制隔離された生活、 その動機は異なっていても、共に閉ざされた壁の中の世界…、そのような壁は日常の心の中にもとらえがたい疎外の感覚となって介在していて、当時の僕はそのような自分の内部にある不安と空しさをこの『王国』の場をみつめることによって超えようとしていた。事実は観念をとびこえる肉体をもっている。text = 奈良原一高
ラッピングOK
商品情報
著者奈良原一高
発行所復刊ドットコム
デザイン佐野裕哉
サイズ215mm x 280mm
ページ219p
その他ハードカバー / 2019年6月25日発行

関連商品

本屋の特集一覧