商品名【サイン本】京都で考えた

価格
税込 1,620
(税抜¥1,500

商品番号 b_pub_mi019

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
百万遍、紫野、イノダコーヒ三条支店といった具体的な場所や店の名前を出しながら、作家・吉田篤弘が京都を歩き、考えたことを綴った書き下ろしエッセイ。路地裏の隅々まで京都の街を闊歩し、時折、古本屋やレコード屋、古道具屋、喫茶店を停留所にして、時間、本、街のことを思い、考えに耽る。その姿はこれまでの作品に登場したキャラクター達の背中と重なります。たしかに京都を扱った本でありながら、読む者の数だけその姿を変える、特別で、普遍的な魅力を持った、繰り返し読みたい一冊です。2017年10月17日に当店にて開催された刊行記念イベントの際にサインを入れていただきました。数には限りがございますので、ご希望の方はお早めにお買い求めください。
ラッピングOK
商品情報
著者吉田篤弘
出版社ミシマ社
サイズ130mm × 188mm
ページ数128P

関連商品