商品名ホフマニアーナ

価格
税込 2,700
(税抜¥2,500

商品番号 b_gal079

  • 注文数量 
  • +
    -
お買い物かごに入れる お気に入り
今なお世界中のファンを魅了し続けるロシアの映画監督、アンドレイ・タルコフスキーの幻の8作目『ホフマニアーナ』がエクリより刊行されました。2016年、没後30年を迎える監督が生涯で制作した長編映画はわずか7本。しかし次作への構想は「ホフマニアーナ」「ファウスト」「ハムレット」「白痴」など、いくつも温められていました。その実現しなかった幻の映画のひとつが、本作『ホフマニアーナ』。大きなシーンごとに書き分けられたシナリオであり、幻想小説でもある本書は、ドイツ・ロマン派の幻想作家、E.T.A.ホフマンを主人公にしたもの。鏡、炎につつまれた劇場、気球、ゆらめく蝋燭の炎.....タルコフスキーの映画に欠かすことのできない要素が散りばめられ、読者それぞれの脳裏に幻視されます。翻訳は『アルセーニイ・タルコフスキー詩集 白い、白い日』を手がけた前田和泉。タルコフスキーとホフマン、時代も作品世界も異なる二人の芸術家に響きあう源を探り明かしていく解題も読み応えがあります。挿画は繊細な指と大胆な構成力で定評のある銅板画家の山下陽子。本書では、もうひとつの夢幻世界を堪能できます。

ラッピングOK
商品情報
著者アンドレイ・タルコフスキー
訳者前田和泉
挿画山下陽子
デザイン須山悠里
発行所エクリ
その他編集:落合佐喜世 / 発行者:須山実 / 判型 A5正寸, 横148mm x 縦210mm, 仮フランス装・綱代綴じ, 本文88p(うちカラー8p), ソフトカバー

関連商品