商品名アケモドロ 手ぬぐい (バタール)

価格
税込 1,296
(税抜¥1,200

商品番号 g_liv_clo0230

  • 注文数量 
  • +
    -
品切れ中 お気に入り

再入荷のお知らせをメールで受け取る

アケモドロさんより新作のパン手ぬぐいが入荷しました。焼きたてのパンが一面に舞い踊るデザインですが、よくよくみると、それぞれのパンの角度が異なっていて、染め型が違うことがわかります。
速乾性に優れた綿100%生地という点に加え、端を縫っていませんので、汚れがたまらずに衛生的です。(糸のほつれが気になる場合は、その都度、切ってください。何度かお洗濯するうちに落ち着きます。)キッチンの手拭き布にもちょうど良い、台所仕事も楽しくなるような図案です。
ラッピングOK
商品情報
サイズ350mm × 1000mm
素材綿100%
作業場には染色に必要な顔料や、薬品類がずらり。色数の多い図案には8色ほど、レモン柄でも3色の顔料を調合して、まず色を作るそうです。
色をつける部分の型紙を小刀で切り抜き、それを型板として使います。こちらは「A HOUSE IS NOT A HOME 」の型紙。頻繁に活躍してきたのがわかる、この使用感!どんなに愛着のある型紙も、やはり何度も使ううちに破損して使えなくなるそうです。その際には、改めて切り抜くところから作り直すとのことですが、その行程を考えれば気が遠くなるほど。
沖縄での芸大生時代には、紅型(びんがた=沖縄を代表する伝統的な染色技法)も制作されていたアケモドロさん。紅型の制作の際は、型紙を切る下敷きにはカッターマットではなく、この石鹸のようなルクジューを使用。これはなんとお豆腐を乾燥させたもので、小刀の錆を防ぎ、刃当たりも良いのだとか。一般的に大きな沖縄の木綿豆腐も、乾燥させるとこのように、随分小さくなります。

作家紹介

作家イメージ
アケモドロ(柴田葉子)

姫路市在住。沖縄で、紅型(びんがた・沖縄を代表する伝統的な染色技法)を学び、現在は独自の技法で手ぬぐいや風呂敷などのデザイン、型染をしています。アケモドロとは、沖縄の言葉で「夜明けの瞬間」を意味します

アケモドロ 作家ページはこちら
アケモドロ HP:http://akemodoro.tumblr.com/

関連商品