書籍

雑貨

作家/ブランド

古書

恵文社メイド

ギフト

お買得商品

特集

特集コーナー 一覧

  • 特集 naniIRO

    特集 naniIRO

    毎年春の訪れに合わせて販売させていただいている『nani IRO』のアイテム。新生活のスタートを切るのにぴったり、心踊る様なテキスタイルデザインです。徐々にラインナップを増やして掲載予定ですので、どうぞお楽しみに。

  • 特集 MONPE

    特集 MONPE

    九州筑後地方を中心にものづくりや人の魅力を発信するアンテナショップ「うなぎの寝床」さんから、現代のファッションに幅広く合うもんぺが届きました。着用の様子はこちらのページでもご紹介していますので、ご参考にしてください。http://keibunshabooks.hatenablog.com/entry/2017/03/20/191351

  • 特集 庭の本

    特集 庭の本

    今回の特集では「庭にまつわる本」を集めてみました。「庭」と一口に言っても個々人で様々なイメージがあるかと思います。実りある庭、明るい庭、翳りのある庭、閉ざされた庭、空想の庭…。庭は、住む人の心そのものを映し、眺める人の感性にも訴えかけてくる不思議な場所。暮らしのすぐそばにありながら、精神を癒し思索を深め、時に価値観や宗教観までも含む独特の空間と言えるでしょう。人はなぜ庭を必要とするのか。自然と暮らしを見つめながら、庭の持つ様々な魅力に出会える書物をお楽しみ下さい。

  • 特集 ピクニック

    特集 ピクニック

    冬は自宅でじっくり読書という方も、あたたかくなれば外に出かけたくなるもの。バスケットには水筒とお弁当。青空の下で食べるサンドイッチは、美味しさもひとしお。ハム、タマゴ、トマトにチーズ…と具材を考えるだけで心躍ります。そんな春のピクニックに、あるとうれしいアイテムを揃えてみました。

  • 特集 愛した品、遺された物

    特集 愛した品、遺された物

    作家や芸術家が愛し残した数々の品や物、あるいは住んでいた家。それらを主役に据えた本からは、持ち主の美意識や価値観だけではなく、ひとりの人間として暮らしていたごく普通の生活や周囲の人々との交流など、様々な事柄が見えてきます。本特集では、そんな魅力を持った本をささやかですが集めてみました。写真家が淡々と物をモノとしてだけ写せば写す程、そこに宿ったあるじの精神がよりクリアに感じられ、物それ自体を通じて、彼らの息づかいや在りし日の姿が生き生きと感じられるような気がします。

  • 手帳倶楽部 手帳つくりキット

    手帳倶楽部 手帳つくりキット

    手帳倶楽部 手島裕さんの手帳キットを今シーズンも販売いたします。
    この手帳の1番の特徴は、自分で『製本』するということ。表紙の革、自分に都合良いレイアウトのページ内容の用紙、綴じ糸と、内ポケットをひとつずつ選んで、1冊の手帳をつくります。
    表紙は植物タンニンでなめした柔らかな牛革。ちょうど文庫本ぐらいの、手に馴染みやすい大きさです。この「表紙革」、カード等を入れれる「内ポケット」、「用紙」を重ねて、手帳の背となる部分を糸で綴じます。1年使い終えれば紐をほどいて、表紙と内ポケットはそのまま、繰り返しお使い頂けます。特に表紙革は、使い込むほど味が増し、愛着も深まることでしょう。中の用紙は、万年筆のすべりも良く、インクの裏写りがないフースル紙と、ページ数の多い辞書などに使用される薄葉紙の、2種類からお選び頂けます。自分なりのこだわりのある手帳をお探しの方にこそ、おすすめです。
    商品詳細に関して、こちらのページでもご紹介しています。(2014年記事)
    http://keibunshabooks.hatenablog.com/entry/2014/09/20/000000

  • 特集 の商品数:全 79
    並べ替え:新着順 / 価格順 / 商品名順 / おすすめ順