商品名エミリ・ブロンテのピアノ

価格
税込 2,057
(税抜¥1,905

商品番号 b_lit_bun006

  • 注文数量 
  • +
    -
品切れ中 お気に入り

再入荷のお知らせをメールで受け取る

『嵐が丘』の著者として知られる夭折の作家エミリ・ブロンテ。本書は、詩と文学と孤独を友としながら、同時に音楽を愛しピアノの名手でもあった彼女の人生を、美しい散文にして語りおろした不思議な冊子です。詩や物語の世界にこもる少女でありながら、ピアノに天賦の才を示し、またヴィクトリア朝時代に生きた一人の女として、運命に逆らわず内なる世界を見事に作り上げていったエミリという女性の魅力と孤独。自身もピアノ奏者である著者は、当時のイギリス子女たちにとってのピアノとは、という興味深いテーマもからめながら、言葉と音楽で自分を表現せずにはいられなかった一人の女性の内面を読み解いてくれます。それは同時に、「女性が表現するということ」といういつの時代にも普遍的なテーマにもつながるかのよう。抑制の利いた端正な文章からは、エミリ・ブロンテという人物への深い愛情と共鳴が響いてくる本書。読み進むほどに聴こえてくるのは、荒野を渡る風、そしてピアノの調べ。イシイリョウコさんの美しい挿絵が更にイメージを深める手助けをしてくれます。孤独と言葉と音楽を愛するすべての女性たちへ。著者自身による、エミリの作品世界をイメージしたCDつき。

商品情報

文:久保田恵子、挿絵:イシイリョウコ、装丁&デザイン:森あや / 110mm x 175mm / 56P / CD付属 / ソフトカバー

ラッピングOK

関連商品

19 銀河鉄道の夜から聴こえてくるもの

線と千の夜に

線と千の夜に

2,160円(税抜2,000円)

イシイリョウコ 活版ポストカード2枚セット

イシイリョウコ 活版ポストカード2枚セット

648円(税抜600円)

小さなテレーズ

小さなテレーズ

1,028円(税抜952円)

銀河鉄道の夜から聴こえてくるもの

銀河鉄道の夜から聴こえてくるもの

2,057円(税抜1,905円)

わたしのにんぎょひめ

わたしのにんぎょひめ

2,057円(税抜1,905円)