商品を探す
商品名京都一乗寺 美しい書店のある街で

価格
税込 748
(税抜¥680

商品番号 b_kyo042

  • 注文数量 
  • +
    -
品切れ中 お気に入り

再入荷のお知らせをメールで受け取る

京都市の北、一乗寺。この街を舞台に様々な事件が起こる。記憶喪失の花嫁、 別れざるをえなかった男女の悲劇、母の過去を追う娘…。本書には、そんな人生の機微を静かに感じさせるミステリ作品が4編おさめられています。そしてタイ トルの通り、その背景には必ず一軒の書店が存在しています。すべての作中に「緑色のドアの書店」として登場するのは、そう、我々恵文社一乗寺店。これらの作品は、本と書店を愛する京都在住のミステリ作家・大石直紀さんが当店からインスピレーションを得て執筆したとのこと。当店は、主人公の人生や記憶に必ず関わってくるという重要な役を務めています。長くこの地で営業していますが、まさかミステリの舞台となる日が来るとは…というのが正直なところながら、確かに本屋というのは一冊の本との出会いを提供する場であり、それゆえ日々人知れず何かしらのドラマが生まれてもおかしくない、そう思うとこの設定にもうなずけるものが。書店というささやかな場にスポットを当てつつも、サスペンスフルな物語も味わえる不思議なこの作品集。装画には、当店とも縁の深い関美穂子さんが見事な型染めで華を添えています。文庫オリジナル。
ラッピングOK
商品情報
著者大石直紀
装画関美穂子
発行光文社(光文社文庫)
サイズ110mm x 150mm
その他289P、ソフトカバー

関連商品

本屋の特集一覧