商品名家族最後の日

価格
税込 1,836
(税抜¥1,700

商品番号 b_new162

  • 注文数量 
  • +
    -
品切れ中 お気に入り

再入荷のお知らせをメールで受け取る

母との絶縁、義弟の自殺、そして夫の癌。写真家・植本一子さんのひりつくような日常の記録。日記を書くことからはじまった家族と向き合うための日々。光り輝くような植本さんの写真とは対照的に、誰しもが抱える心のうちの薄暗い部分がただ淡々とそのままに綴られているがゆえに、ひとつひとつの何気ない心情が、どうしようもなく読む者に突き刺さる。それでも家族の日々は続きます。「今を生きてる?」と私たちに問いかけ、同時にそっと傍に寄り添っていてくれる一冊です。『働けECD』、『かなわない』に続く、注目の書き手の新しい代表作。
ラッピングOK
商品情報
著者植本一子
発行太田出版
サイズ135mm×195mm
その他299p/ハードカバー

関連商品

392 家族最後の日

すべての雑貨

すべての雑貨

2,160円(税抜2,000円)

東京の編集者 山高登さんに話を聞く

東京の編集者 山高登さんに話を聞く

2,484円(税抜2,300円)

オーマイドーター

オーマイドーター

1,620円(税抜1,500円)

かなわない

かなわない

1,620円(税抜1,500円)